お花を長持ちさせる方法

1 min 82 views

お花を買ったり定期便を始めたのであれば、なるべくお花が長持ちして欲しいですよね。すぐに枯れちゃったらさすがに寂しい…。

お花を長持ちさせるためには、いくつか行っておくとよいことがあります。
今回は長持ちさせる方法をいくつかご紹介します。

花の水切りをする

水切りとは、茎を水の中で1cmほど切り取り、 お花の吸水力を高める方法のこと。

水から出して切るのではなく、水の中で茎を切ります。そうすることで 茎の中に空気が通るようになり、水を吸い上げやすくなるそう。

ポイント 茎は素早く、斜めに切ると、 たくさん水を吸い上げることが出来るように。

長持ちさせるために、夏は毎日5㎜くらい、冬は2・3日に1回5mmを目安に切るとよいそうです。

meg

meg

夏場は頻繁に切らないと、茎の部分が腐りやすいよね…。

水換えはマメに

水換えはマメに行いましょう!
花瓶の中はバクテリアが繁殖しやすく、バクテリアが繁殖すると花の吸水力が落ちます。特に夏は繁殖が盛んになるので、毎日水替えを行いましょう。冬は、2・3日に1回のペースがベター

茎がぬめるとバクテリアのサインらしい。要注意!

花が長持ちする場所

  • 直射日光を避ける
  • エアコンなどが直接当たらないところ
  • 気温が高くないところ

暑くなく、エアコンが直接当たらずのところがベストです。

meg

meg

夏は、お花にとって過酷な季節なのね…。

花を長持ちさせるためには…まとめ

  • 届いたら水切りをする
  • 水換えはマメに
  • 直射日光を避ける
  • エアコンなどが直接当たらないところに置く
  • 気温が高くないところに置く

以上が花を長持ちさせるためのポイントです。
マメに愛情を注ぐと長持ちするお花。ぜひ優しく手厚く飾ってあげましょう!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です